小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

私事

ポイント・ロボス州立公園 1

月曜日、朝8時ごろ出発。 広大な農地や海岸線を見ながら南へ1時間ほど。 観光地のモントレーとカーメルを通過する。 ポイント・ロボス州立公園はそのさらに南側にある。 この数年、「過剰観光」と呼ばれる現象に悩まされている地域だ。 シーズン中は平日でも…

散歩道の秋

日本発の写真が紅葉オンパレードになるこの季節。 例年は11月から12月初旬まで日本へ帰省している。 滞在中に撮った紅葉の写真はこちらへ戻ってからアップする。 だからいつも遅れ気味。 今年はこちらの秋を撮るしかなくて、日本の美は望むべくもない。 散歩…

散歩道の秋、iPhoneカメラのバグ

秋とは言いながら花が咲きまくるカリフォルニア。 散歩道もまだ明るくてカラフルだ。 ところでiPhoneカメラのバグ(?)を発見。 この下の写真。 紫の花が立体的に、背後はボケている。 だけどいくつかの花の間に見えるフェンスの背景が部分的にボケていない…

ハーフムーンベイ

曇り空のハーフムーンベイ。 小さなダウンタウンをお散歩。 昨年6月の事だったけれど。 来週はサンクスギビング・感謝祭の祝日週末。 うちの会社は今週末からオフィス閉鎖で9連休にしてくれる。 毎年、その週の休みと有休を合わせて日本へ行くのだけど。 今…

ひと息

ふぅ〜〜 米国大統領選挙がやっと終わった。 この1ヶ月ほどの国内、身の回りの雰囲気はピリピリしていた。 長年の在米期間でこれほどエスカレートした選挙は経験が無かった。 危惧されている(現在進行形)武装集団による蜂起や暴動も無い。 今のところは。 …

夏時間の終わり

今週末、日曜日早朝に夏時間が終わった。 今朝は寝坊して9時に起床。 昨日までは10時だった時間だ。 しっかり眠れたようだ。 毎年、春と秋にあるこの時間調整。 英語では「Spring Forward, Fall Back」と言われる。 「Spring」の「春」と「跳ぶ」をかけて「…

After The Rain

雨は降って欲しい。 その後に陽が差し込めばもっと良い。 雨季の間、たまにそんな天気に恵まれる。 この土地ではごく稀な気はするけれど。 「After The Rain」。 ジョン・コルトレーンの名盤、「Impressions」の一曲。 雨の後の日差しを思い描いたんだろうか…

雨よ来い

先週は水曜日から土曜日までそこそこの暑さだった。 海に近いこの町でも30度超え。 この地域の一部では火事防止のため計画停電も行われた。 「計画停電」。 懐かしく思う方も居られるだろうか。 幸いこの近辺では新たな火事は起こっていない。 9月末から10月…

散歩道

カリフォルニア時間の午前10時。 この秋2度目のアップルの新製品発表イベントがあった。 アメリカで使う方はiPhone 12 Pro。 日本で使うものはiPhone 12 Mini。 そんな感じだな。 いつ日本へ行けるか分からないけど。 下手すると来年のモデルが出るまで行け…

散歩道

相変わらずパワーウォークは続けている。 カリフォルニア州全土で燃えていた火事もようやくおさまってきた。 ここ10日間ほどは煙による大気汚染も無く、家の外へ出るにも問題は無い。 散歩道で拾った絵が貯まってきたのでランダムに。 運動が主目的なので普…

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2020年5月 カリフォルニア州、サンタクルーズ Nikon D300、Voigtlander Ultron 40mm f/2

アーティチョーク畑

前回ご紹介した芽キャベツ畑の隣にはアーティチョーク畑がある。 皆さんはこのアーティチョークをご存知だろうか? カリフォルニアでは店頭にもレストランでも頻繁に見かける。 主にイタリア料理、フランス料理でもよく使われる野菜。 イタリアでは酢漬けに…

芽キャベツ畑

昨日のエントリーでご紹介した海岸沿いの景色。 soundtraveller.hatenablog.com ほぼ海沿いを南北に走るハイウエー1号線は時に海と隔たる箇所がある。 1号線と海の間に広大な土地がある場所は農地も広がっている。 ここは芽キャベツ畑。 英語ではブリュッセ…

初めてのレフ機

インスタで始まった写真・カメラの趣味。 スマホからミラーレスの小型機やコンデジ、さらにレンジファインダー機へ。 で、今に至る。 はたと気づくと、レフ機を使った事が無い。 でかくて重いという印象しかなくて。 今までの選択肢には全く無かった。 コロ…

うちの子達

癒される。 ありがとう。 Sony Alpha 7iiiにVoigtlander Apo-Lanthar 50mm f/2を付けて。 このレンズ、写りが素晴らしい。 近々また持ち出してみようか。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2020年5月 カリフォルニア州…

本来の景色

前回のエントリーでお見せしたのは煙に覆われたモントレーだった。 今回は本来の景色を。 昨年5月、肌寒い曇りの土曜日だった。 観光写真ではあるけれど、やっぱり煙と霧より断然良いなぁ。 水平線は普通にスカッと見える。 青空も早く戻って来て欲しい。 煙…

灼熱

祝日3連休だった先週末、また熱波到来。 ニュースでご覧になってご存知の方もおられるだろう。 ロスでは50度近い記録的灼熱地獄だった。 寒流が流れる州北部沿岸でも40度まで上がった。 当然のようにまた火事が至る所で発生してしまった。 この近辺ではない…

50歳以上のギター練習

50歳超えの人たちがギターを練習するのは大変だ。 手や指の連携運動が衰えている。 指の力が衰えている。 音を聞く耳も感覚も衰えている。 同年代の友達がそんな人たちへのアドバイスをシェアしてくれた。 練習するのは一曲ではなくて二曲にしろと。 一曲は…

エスカレート中

火事はようやく35%の鎮火率に達した。 避難していた地域の住民たちも再入居を始めている。 もっとも自宅が燃えずに残っていればだけど。 焼失した家屋は1千戸を超える。 今日も風向きは良くてきな臭くはなかった。 煙が去ってほっとした後に見えてきたのが社…

煙の合間に

最寄りの火事はまだ燃えている。 鎮火率は26%。 山岳地帯の消火活動は困難で、空からの放水が必要になる。 それでもこの地域の消防隊は素晴らしい仕事をしている。 感動したので献金をした。 先週月曜日は風向きが変わって空気が新鮮になった。 仕事を休んで…

ようやく鎮火へ

8月16日、日曜日以来燃えている火事。 今日までおよそ320平方キロが燃えた。 先週最も激しく燃えていた時は1時間あたり4平方キロの速さで燃えていた。 先週末土曜日まで自宅では煙をもろに浴び、丸4日間窓を閉め切っていた。 その夜は寝苦しく、避難命令無し…

避難準備ほぼ完了

昨日の朝、自宅前に停めている車は灰で覆われていた。 仕事もしたけど集中出来なかった。 夕方、部屋の窓の外はオレンジ色に染まった。 (注:iPhoneで。ホワイトバランスはAutoです。) 家の外に出ると太陽がオレンジ色で不気味だった。 尼崎とか川崎など重…

記録史上最高気温

8月15日、金曜日。 北カリフォルニアに熱波が到来した。 その日、この町での最高気温は華氏105度、摂氏40.5度。 ギャー、40度超えかよ。 今までの記録は1906年に観測された華氏97度、摂氏36.1度だった。 それを軽く一蹴してしまった。 朝から水分を補給して…

弘前 2013

祖母の実家がある青森県弘前。 渡米する前、「これだけは見て行きなさい」と祖母に言われ、「ねぷた」を体験した。 日本海を北上する寝台列車がまだあった頃だ。 そしてまだロウソクの火を使って灯していた弘前の「ねぷた」は幻想的だった。 祭りの夜、こっ…

新学期

米国ではすでに新学期が始まっている。 今はそれが大問題になっている。 マスク着ける着けない、それ自体が政治的表現となっている。 子供を登校させる登校させない、それも政治的表現になりつつある。 500万人が感染し、16万人以上が亡くなっている米国。 …

京都郊外の竹藪

京都南部、郊外の竹藪に立ち入った時に見つけた蔦の紅葉。 昨年秋のこと。 両親が入っている高齢者施設でランチを頂いて。 最寄りの駅へ向かう道から外れて侵入したのだった。 蔦はなぜか枯れた竹にしか絡んでいなかった。 薄暗い藪の中でその鮮烈な紅色が一…

撮り散らかし

フォローしている素晴らしいスナップ写真家の方が使ってる「撮り散らかし」という言葉。 たしかにそうなんだよな。 自分の写真を整理していて思った。 オレの場合はもっと「散らかし」感があるかも知れない。 月や星を撮るのはマニュアル的なやり方があって…

近畿も…

大阪をはじめとして近畿も数字上がってるな。 家族・親戚・友人達、元気でいて欲しい。 カリフォルニアは大爆発中で24時間で1万2千人以上出ている。 日本の事を心配する場合じゃないだろ、と言われるかも知れない。 でも、身内と知り合いは心配になってしま…

写真だけでも

コロナ禍にあって毎日同じような日が続く。 規則正しい毎日と言えば聞こえが良い。 単調な生活で日毎の区別がつかないと言えば確かにそうでもある。 これが4ヶ月以上続いているとこのブログを続けるにもネタが無い。 写真だけなら過去スナップを持ち出せば良…

ライブ

ライブに行けなくなって久しい。 ミュージシャン達、美術系のアーティスト達にとっては受難の日々だ。 この静かな時期を皆んなどうやって過ごしているんだろう。 収入がほぼ無くなって苦労していることだろう。 でもずっと家に居る間、きっと何かやっている…

© All rights reserved.