小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

日本

日本 2021年秋 3 コロナの恩恵、その1

関西での滞在は先ず大阪。 大阪・梅田駅の近くのホテルでとりあえず2週間の予約を入れていた。 緊急事態宣言が解除されたばかりで、まだ時短の制限は残っているというタイミング。 チェックインの時点でなんだか様子がおかしい。 ホテルのスタッフ全員にガン…

日本 2021年秋 2 家族リユニオン

3週間の東京滞在の後、京都経由で奈良へ向かう。 京都駅で速攻PCR検査を受けて陰性結果を確認してから奈良への近鉄線に乗る。 鉄道は良い。 米国の車社会に住んでいると運転は飽きるし疲れる。 運転中は音楽やポッドキャストやラジオを聴くしか出来ることが…

日本 2021年秋 1 日本入国と隔離期間

2019年11月以来、ほぼ2年経ってようやく日本へ帰省した。 日程はリモートワーク5週間、休暇3週間、サンクスギビングのホリデー週の9週間。 長期滞在だ。 9月20日にサンフランシスコ空港から成田へ向かった… いや、その前に書き残したい事がある。 国際便搭乗…

京都南部の風景(続き)

虫除けのために炭に焦がした木材を使った壁。 世界を旅していた間、特にアジアでよく見かけた生活の知恵。 その黒い壁が並ぶこういう路地には反応してしまう。 錆や飛行機雲やレトロな街並みは撮ってしまう。 畦道端に咲く梅が見事だった。 今日もソーシャル…

京都南部の風景

両親が住んでいる京都南部の田舎。 駅からそれほど遠くない農家が並ぶ一帯がある。 どれも大変立派な伝統的日本家屋が残っている。 迷路のような小道には誰も居らず、とても静かだ。 歩いていて落ち着く。 この秋、日本へ行くことが叶えばまた歩いてみたい。…

新宿、2019年秋

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 東京、新宿 Ricoh GR3

正面

世界ではどうか分からないけど日本では有名なこの仏像。 京都広隆寺の実物を見たことがない方でも写真は見たことがおありだろう。 この仏像の写真は主に向かって右側から撮ったものが多いと思う。 俯き加減の頭部と優しく美しい横顔。 右の頬近くまでそっと…

エヴァ

2005年11月、東京、恵比寿。 13ヶ月の世界一周バックパッキングの旅を終えて。 夏は米国西海岸の音楽フェスに行きまくって。 秋からしばらく日本で滞在していた。 エヴァのパチンコがどんなものか、それだけを知りたくて。 JR恵比寿駅前のパチンコ屋に入った…

米国時間で昨日2月15日。 メキシコ湾に面したテキサス州ヒューストンの方がアラスカのアンカレッジより寒かった。 どないやねん… 現在、カリフォルニア州とオレゴン州南部以外は猛烈な寒波。 車社会では運転せずには通勤・通学も出来ない。 路上は大混乱、事…

お気に入り

昨年2019年秋に帰省していた時のスナップ。 カラーの渋い色でもモノクロでも良いと思う。 文字通りの自画自賛なのだけれど。 自分が撮ったものの中でそう感じることが出来る写真はそれほど多くない。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置い…

陽だまり

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年5月 大阪、梅田 Panasonic GX7mk3、Leica DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.

秋の日差し

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 JR大阪駅、阪急長岡天神駅 Ricoh GR3

団地にて

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2016年2月 京都市、伏見区 Leica M-P、Summilux 35mm F1.4 ASPH

弘前 2013

祖母の実家がある青森県弘前。 渡米する前、「これだけは見て行きなさい」と祖母に言われ、「ねぷた」を体験した。 日本海を北上する寝台列車がまだあった頃だ。 そしてまだロウソクの火を使って灯していた弘前の「ねぷた」は幻想的だった。 祭りの夜、こっ…

光と影 20200805

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 京都、長岡天神 Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR

京都郊外の竹藪

京都南部、郊外の竹藪に立ち入った時に見つけた蔦の紅葉。 昨年秋のこと。 両親が入っている高齢者施設でランチを頂いて。 最寄りの駅へ向かう道から外れて侵入したのだった。 蔦はなぜか枯れた竹にしか絡んでいなかった。 薄暗い藪の中でその鮮烈な紅色が一…

撮り散らかし

フォローしている素晴らしいスナップ写真家の方が使ってる「撮り散らかし」という言葉。 たしかにそうなんだよな。 自分の写真を整理していて思った。 オレの場合はもっと「散らかし」感があるかも知れない。 月や星を撮るのはマニュアル的なやり方があって…

近畿も…

大阪をはじめとして近畿も数字上がってるな。 家族・親戚・友人達、元気でいて欲しい。 カリフォルニアは大爆発中で24時間で1万2千人以上出ている。 日本の事を心配する場合じゃないだろ、と言われるかも知れない。 でも、身内と知り合いは心配になってしま…

広角と望遠

レンズの購入を考慮中。 通常カメラを手に街や海岸や森を歩いて目を引かれたものを撮るのが個人的な通常だ。 でもこの状況では街スナップは困難だ。 街スナップはやっぱり日本が一番なんだけど。 当分行けそうにない。 ガチで風景を撮る訳でもなく。 飛行物…

ジリジリと…

カリフォルニアもすっかり夏。 長年カリフォルニアに住んでいると身体が柔になる。 湿度が低い爽やかな夏。 雪も降らない冬。 サンフランシスコなんて夏も冬もほぼ同じような気温だし。 熱波到来は時々あるけれど。 リタイアしたら… 日本の桜を堪能して、そ…

線と形

数年前に京都市内で撮ったもの。 あの頃撮った写真の中でも気に入っている絵だ。 良い悪いは別にして。 線と形に目が行く。 この絵にはたまたま直線が多い。 自然界では非常にまれな直線だけどここでは大半。 それに加えてこの絵には面白い色もある。 この場…

写癖 〜人が居ない〜

緊急事態宣言がなされて後、写真好きの皆さんの写真からも人が居なくなった。 人の居ない街や自宅でのモノ撮りなどが目立つようになった。 物足りなく感じておられる写真家さんたちも多い事だろう。 個人的にそれについてはあまり違和感が無い。 人が居ない…

コンデジからミラーレス一眼へ

そもそもはiPhoneだったんだよなぁ。 毎日インスタにアップしてた頃。 それでバツイチ独身で金が自由になるから(?)カメラを買い始めた。 ご覧になってお分かりのように前のエントリーの写真は2010年秋。 使っていたのは名刺入れのようなSonyのコンデジ。 …

シャッター街

前回の「ノスタルジア」つながりなのだろうか。 2010年秋に帰省した際に歩いた京都の商店街の写真を見つけた。 京都御所に近く、主要路の交差点にも近いアーケードだ。 でもいわゆる観光スポットは周囲には無い、地元の人たちが利用する。 だから何の変哲も…

ノスタルジア

LINEはデータ漏れやスパムの可能性から極力避けてきた。 コロナの騒ぎになってから小中高の同級生から繋がろうよと多数要望があって。 ついに始めてしまった、LINE。 みんな暇なのか、会話を欲しているのか、みんなの様子が知りたいのか… 毎日ではないが、時…

京都の庭園3

近頃の京都とは思えない本来の京都らしい静けさ。 この庭には… マナーが無い外国人観光客が居ない。 執拗に舞妓さん追い回す老害写真家の爺さん達も居ない。 それに写真を撮っても観光写真にならない。 だから下手な自分にとっては余計に難しい。 良い意味で…

京都の庭園2

結果はともあれ… 庭をゆっくり歩いて写真を撮っての数時間。 楽しかった! 続く… 2019年11月 京都 Leica M6、Leica Summilux 35mm F/1.4、Kodak T-Max 400 ネガティブスキャン:Fujifilm X-T3、XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro、Lightroom Classic + Negative…

京都の庭園

昨年秋帰省した際、知人の家の庭を訪れた。 11月も終わりに近い秋晴れの肌寒い日、モノクロのフィルムとカラーデジタル両方を使って撮らせていただいた。 子供の頃から慣れ親しんだ場所だ。 それが今でもほぼ変わらない状態で維持されている。 庭と言うより…

温泉

あー温泉行きたい。 11月に有馬温泉へ行って満喫してきた。 だけどすぐにまた行きたくなるのが温泉。 日本の人たちが羨ましい… 2019年11月 有馬温泉 Leica M6、Summilux 35mm F1.4、Kodak Tri-X 400 【現像屋による低解像度スキャンをそのままアップ、将来ス…

Chill・チル

日本で滞在中にホテルのTVで「チルって何?」を話題にしたバラエティーがあった。 アメリカでは90年代にすでに普通の会話に出てきていた言葉だ。 今頃日本で話題になるってなんでだろう? 「Cool・クール」と同じようにスラングかそれに近い言葉だと思う。 …

© All rights reserved.