小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

ストリート

コロナ禍のデンバー、ライブ会場

前回は興奮気味の旅とライブレポートだった。 今回はコロナ禍でのライブ会場やデンバーの様子に触れてみよう。 先ず、ホテルや飲食店、商店のスタッフはマスクを着用している。 しかし、顧客や街を歩く人たちは全くマスクをしていない。 宿泊したホテル内で…

デンバー遠征

先週木曜日早朝、予約しておいた車でサンノゼ空港へ向かった。 ほぼ2年間の籠り生活を経て初めて州外へ旅立った。 猫の額のように小さな町の外は全て「密」に見え、感じられた。 離陸して2時間後、デンバー空港に着陸。 空港内は夏休みで移動する人で混雑…

一家の宣言

散歩していると、この町の家族の多くが家の前に看板を出しているのを見かける。 「この家の住民は…」というテーマのもの。 一家が政治的なスタンスを宣言している。 世界的に広く知られているのはトランプ支持者の主張なのだろうか。 この地域にもトランプ支…

ゴッホ in サンフランシスコ

独立記念日連休週末の初日。 サンフランシスコで開かれているゴッホのマルチメディア視聴展示会を観に行った。 9千万画素の解像度、6万枚以上の画像を使った1時間弱の動画。 ゴッホの筆遣いから心情に至るまで。 広いホールの壁に最新の高画質ビットマッピ…

地元ロゴ

夕日を浴びながらアイスクリームを楽しむカップル。 お揃いの地元ロゴをあしらったシャツとフーディーが可愛い。 この町のサーフショップのロゴなのだが。 何故か日本でも時々目撃する。 記憶ある方も居られるかも知れない。 ちなみに、彼らが食べているアイ…

カリフォルニア州再開

6月15日、カリフォルニア州が再開宣言。 この日からソーシャルディスタンスは不要となった。 飲食店でもテーブルの配置が平時に戻った。 マスク着用も商店に入る時などを含めてほぼ不要。 もっとも、場所と状況によってマスク必須の場面はまだある。 再開の…

ダリア

近所にダリアの栽培に前庭全部を使っているお宅がある。 その奥さんはダリアの栽培に関しては知られている存在のようだ。 この一帯のちょっとしたインスタ・スポットになっている。 今日は散歩道をちょっと変えて行ってみた。 散歩なのでiPhoneだけだけれど…

直線

この写真を見ていて「自然界に直線は無い」を思い出した。 それほど気温は高くないのにギラギラ眩しい。 紫外線が凄いので、日焼け止めとサングラスは必須だ。 2021年5月 カリフォルニア州、サンタクルーズ iPhone 12 Pro

人出

小中高大ともに夏休みに入るのが5月末。 この連休週末は夏の始まりとされている。 7月の独立記念日、9月の勤労感謝の日と並んで最も人出が多い。 今週末、遠距離も含めて住んでいる町の外へ出かけた人は約5,700万人とか。 高騰するフライトやガソリンの料金…

迷い子

先週の霧と雲に覆われた一日。 その日の散歩にはGR3を持って出かけた。 家を出た時は日が射していなかったのでハイコントラストで。 途中から霧が晴れて明るくなった。 そうなるとハイコントラストはちょっと違うなと思いながら。 設定はそのままで。 それに…

両親のワクチン接種

写真とは全く関係無い話。 京都の両親がワクチン接種の予約が取れたと知らせてくれた。 母は昨日日曜日に1回目の接種を終え、2回目は6月13日。 義父の1回目は6月6日、2回目が6月27日。 義父がパソコン2台とiPhone2台を同時に使ったと言う。 彼は今年86歳、大…

iPhoneで練習

身の回りのなんでもない光景を切り取って何かを生む。 コロナ禍で1年半近く籠っている間、ある意味必要になった視点。 外に出るのは散歩が主なので、それを実行出来るのも散歩の間だ。 コントラストが強目のモノクロは、大きな街が似合うと思う。 カリフォル…

落とし物

ミニチュアのシンデレラが落としたような。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2018年1月 カリフォルニア州、サンノゼ Fujifilm X100

ナイキミサイル基地SF-88(続き)

最後は「ENUF」(「Enough」=「十分な、足りている」)という英語のオチで。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2021年4月 カリフォルニア州、ボニータ岬 Fujifilm X-Pro3、XF 16-80mm F4 R OIS WR

新宿、2019年秋

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 東京、新宿 Ricoh GR3

© All rights reserved.