小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

X-T3

夏時間の終わり

今週末、日曜日早朝に夏時間が終わった。 今朝は寝坊して9時に起床。 昨日までは10時だった時間だ。 しっかり眠れたようだ。 毎年、春と秋にあるこの時間調整。 英語では「Spring Forward, Fall Back」と言われる。 「Spring」の「春」と「跳ぶ」をかけて「…

秋の樹木園3

自分にとってサボテンはとても難しい被写体。 まるで現代美術館の彫刻・オブジェのようだし。 でも植物でもあるし。 思い出したように咲かせる花も綺麗だ。 アングルや構図の練習が出来ます。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生…

秋の樹木園2

正直、この樹木園にはあまり季節感は無い。 もともと乾燥した土地だし。 乾燥した土地に合う植物がほとんどだもんなぁ。 大学の生物学系の研究対象を集めたようなものなのだろう。 動員数や収益を気にする事もない。 旬の草花を綺麗に仕立てて客を呼ぶ必要も…

秋の樹木園

この地域の季節は基本二つしかないのだけれど。 今は「秋」を実感している。 日本でも同じなのかなぁ。 今年は「厳しい残暑」の文字を見ない。 週末は涼しくてとても気持ちがいい秋晴れ。 夜はけっこう寒い。 そんな季節の木漏れ日に浮かぶ草花を撮ろうと樹…

ミッション

ミッションには「使命」や「任務」の他に「使節団」や「布教団」の意味がある。 カリフォルニアには「ミッション」と呼ばれる教会が21箇所ある。 1700年代にスペインのカトリック教会、フランシスコ会士の布教団がメキシコから北上。 21箇所の伝道所を建設し…

ホエールウォッチング

先週水曜日、休暇を取ってホエールウォッチング(クジラ見物)に出かけた。 早朝自宅から南へ車で約45分のモントレーへ。 相変わらず霧と煙で覆われている。 モントレーの直ぐ東側では未だに火事が収まっていない。 あまりに霧と煙が濃厚で火事が起こってい…

光と影 20200805

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 京都、長岡天神 Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR

京都郊外の竹藪

京都南部、郊外の竹藪に立ち入った時に見つけた蔦の紅葉。 昨年秋のこと。 両親が入っている高齢者施設でランチを頂いて。 最寄りの駅へ向かう道から外れて侵入したのだった。 蔦はなぜか枯れた竹にしか絡んでいなかった。 薄暗い藪の中でその鮮烈な紅色が一…

レッドウッドの森3

先週末はまた森へ。 車で30分もあれば行ける距離にこの森があるのが本当に幸い。 巨木の幹には苔やシダ、小さなキノコが育っている。 共存。自然界ではもちろん弱肉強食もある反面、身近な所で共に生きる事も出来る。 人類の社会では…いろいろ難しいみたい。…

レッドウッドの森2

金曜日の夜が雨で土曜日の朝は晴れていたけど森へ行けたのは日曜日の朝。 レッドウッドの木々はみんな元気だった。 2020年1月 ヘンリー・カウエル・レッドウッズ州立公園 Fujifilm X-T3、XF 18-55mm f/2.8-4 R LM OIS

Chill・チル

日本で滞在中にホテルのTVで「チルって何?」を話題にしたバラエティーがあった。 アメリカでは90年代にすでに普通の会話に出てきていた言葉だ。 今頃日本で話題になるってなんでだろう? 「Cool・クール」と同じようにスラングかそれに近い言葉だと思う。 …

2020年元日

皆さま、良い新年をお迎えされたでしょうか。 今年も皆さまの熱くてハイセンスな写真と記事から学ばせて頂きますので、宜しくお願い致します。 皆さまの2020年が素晴らしい年となりますように! 今年最初のエントリーは仕事と休暇を兼ねたほぼ1ヶ月の日程で…

Fujifilm沼

2019年8月 カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにて Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR この夏はほぼX-T3とX100F、Leica MPデジタル、Leica M6フィルムだけで撮っていたと思う。Fujifilmのカメラはとにかくフィルムシミュレーションとカスタマイズ…

Fijifilm X-T3

2019年8月 カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにて Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR FujifilmとLeicaはよく似ていると自分には思える。 レンズにF値リングがあること。 その時の露出設定を確認しやすいこと。 写真全体の雰囲気、パッと見の印象…

© All rights reserved.