小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

過去スナップ

本来の景色

前回のエントリーでお見せしたのは煙に覆われたモントレーだった。 今回は本来の景色を。 昨年5月、肌寒い曇りの土曜日だった。 観光写真ではあるけれど、やっぱり煙と霧より断然良いなぁ。 水平線は普通にスカッと見える。 青空も早く戻って来て欲しい。 煙…

夏の風物詩?

前回のエントリーで先週金曜日に最高気温の記録更新をお伝えした。 その二日後、日曜日はさらに暑く新記録をさらに更新。 42.4度。 この近辺では場所によっては44.5度まで上昇したそうだ。 同じく日曜日、南カリフォルニアのデス・バレーで54.5度を記録。 日…

弘前 2013

祖母の実家がある青森県弘前。 渡米する前、「これだけは見て行きなさい」と祖母に言われ、「ねぷた」を体験した。 日本海を北上する寝台列車がまだあった頃だ。 そしてまだロウソクの火を使って灯していた弘前の「ねぷた」は幻想的だった。 祭りの夜、こっ…

新学期

米国ではすでに新学期が始まっている。 今はそれが大問題になっている。 マスク着ける着けない、それ自体が政治的表現となっている。 子供を登校させる登校させない、それも政治的表現になりつつある。 500万人が感染し、16万人以上が亡くなっている米国。 …

光と影 20200805

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 京都、長岡天神 Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR

京都郊外の竹藪

京都南部、郊外の竹藪に立ち入った時に見つけた蔦の紅葉。 昨年秋のこと。 両親が入っている高齢者施設でランチを頂いて。 最寄りの駅へ向かう道から外れて侵入したのだった。 蔦はなぜか枯れた竹にしか絡んでいなかった。 薄暗い藪の中でその鮮烈な紅色が一…

冷房要らず

今日の最高気温、22.5度|最低気温、15度|湿度、77%。 午前11時半ごろ霧が引いて快晴。 冷房要らない。 ってか冷房無い。 今日の写真は昨年6月半ばに行ったハーフ・ムーン・ベイ。 あの日は霧が丸一日晴れなかった。 こういう時の撮影は難しいと思った。 ど…

撮り散らかし

フォローしている素晴らしいスナップ写真家の方が使ってる「撮り散らかし」という言葉。 たしかにそうなんだよな。 自分の写真を整理していて思った。 オレの場合はもっと「散らかし」感があるかも知れない。 月や星を撮るのはマニュアル的なやり方があって…

近畿も…

大阪をはじめとして近畿も数字上がってるな。 家族・親戚・友人達、元気でいて欲しい。 カリフォルニアは大爆発中で24時間で1万2千人以上出ている。 日本の事を心配する場合じゃないだろ、と言われるかも知れない。 でも、身内と知り合いは心配になってしま…

写真だけでも

コロナ禍にあって毎日同じような日が続く。 規則正しい毎日と言えば聞こえが良い。 単調な生活で日毎の区別がつかないと言えば確かにそうでもある。 これが4ヶ月以上続いているとこのブログを続けるにもネタが無い。 写真だけなら過去スナップを持ち出せば良…

ライブ

ライブに行けなくなって久しい。 ミュージシャン達、美術系のアーティスト達にとっては受難の日々だ。 この静かな時期を皆んなどうやって過ごしているんだろう。 収入がほぼ無くなって苦労していることだろう。 でもずっと家に居る間、きっと何かやっている…

フィルム、過去スキャン

昨年初春に始めたフィルムカメラ。 soundtraveller.hatenablog.com 最初は現像屋にロールを送ってサムネイルとネガを受け取っていた。 次にネガをマクロレンズを使ってスキャンし始めた。 あの工程を始めた頃のスキャンを見直してみた。 こうしてみるとホコ…

不吉な回想

コロナのワクチンに期待と注目が集中している。 早くて今年末、あるいは2021年の前半には出てくるのでは、出てきて欲しい、と。 だけど、ちょっと待てよ… 先日、不吉な考えが脳内に現れた。 HIV/エイズ、SARS、MARS、エボラ熱… これらの感染病のワクチンは長…

自由

コロナ対策:マスク着用、手を頻繁に洗う、三密は避ける。 アメリカではこれらを自分たちが持つ「自由の権利」を妨げるものと見なす人が多い。 手を頻繁に洗う…これはまぁ別なのだろうけど。 カリフォルニア州南部で「マスク着けない集会」があったそうだ。 …

Fujifilm X100健在

街角スナップに行けない、行く気にならない。 機動性を考えないような生活だからごっついレンズで遊ぶ事が多くなった。 自然とコンデジは使用頻度が激減している。 現在コンデジはFujifilm X100(初号機)とX100Fを持っている。 X100Vが出たのでX100なんて全…

広角と望遠

レンズの購入を考慮中。 通常カメラを手に街や海岸や森を歩いて目を引かれたものを撮るのが個人的な通常だ。 でもこの状況では街スナップは困難だ。 街スナップはやっぱり日本が一番なんだけど。 当分行けそうにない。 ガチで風景を撮る訳でもなく。 飛行物…

ジリジリと…

カリフォルニアもすっかり夏。 長年カリフォルニアに住んでいると身体が柔になる。 湿度が低い爽やかな夏。 雪も降らない冬。 サンフランシスコなんて夏も冬もほぼ同じような気温だし。 熱波到来は時々あるけれど。 リタイアしたら… 日本の桜を堪能して、そ…

もう一匹

前回のエントリーでご紹介した我が家のネコ。 三毛の「華(ハナ)」。 気難しく、マイペースな女の子。 soundtraveller.hatenablog.com うちにはもう一匹居る。 「小太(コタ)」。 図体がでかいくせに甘えん坊で臆病な男の子。 声もやたらソプラノなのだ。 …

自宅勤務の影響、その3

3月初旬以来、自宅に籠る生活に入ってから習慣となった事。 探す、期待する、待ち遠しく思う。 圧倒的に暗い雲と海との僅かな隙間から… 明るい明日を期待させる一縷の夕陽のような。 カリフォルニアの夏の青い空に似合うような。 良いニュース、ポジティヴな…

自宅勤務の影響、その2

今後もしばらくは続くであろう自宅勤務。 そんな生活を3ヶ月して表面化したのが腰痛だ。 歳が歳とは言え全く面倒なものが頭をもたげて来たものだ。 自宅勤務の場合、特に一人住まいの場合は、仕事に集中すると他が見えなくなる。 誰も話しかけて来ない。 誰…

自宅勤務の影響、その1

自宅勤務で人と接する事が激減した。 職場やプライベートの社交的機会が無くなったわけだ。 通勤も無いから見知らぬ人たちとの接触も無い。 まぁそれが外出自粛・禁止を実行する理由なのだが。 これはこの2ヶ月ほどで多くの人々が体験した事だろうと思う。 …

拡張と縮小

写真とカメラについてはいまだに初心者のつもり。 学ぶ事や試す事がやたら多い。 それが楽しい。 こんな初心者が誰かに「写真を始めたいのですが…」と相談されたら。 実際ほんの数人の方に聞かれた事がある。 躊躇なく「フィルムカメラからお始めになっては…

ライカ初出動2015

ライカを手に入れたのは2015年初夏。 犯罪が多いから外に持ち出すタイミングと行き先を思案して。 あっという間に時が過ぎて秋にやっと初出動したのだった。 犯罪だけじゃなくて人の目も気になった。 知っている人は「おっ!」という反応をする。 知らない人…

象さんの絵

毎年夏、独立記念日に開かれる音楽フェス。 90年代初め以来27回行っている。 今年は記念すべき30周年なのだが残念ながらご存知の理由で中止。 子供と子供連れの家族にはとても優しいフェス。 キッズエリアがあって、キッズ向けの音楽のための専用ステージも…

光明射す

米国各地で連日起こっている白人警官による黒人男性殺害への抗議デモ。 それがエスカレートし、暴動や略奪も伴う大混乱となっている。 そんな中、ここサンタクルーズでは警察署長が抗議集会に参加して話題となっている。 インスタではこの運動のシンボルとな…

先週は酷かった

今アメリカ各地で起こっている事を思うとこんな憂鬱な雲と海の色が合う。 先週のアメリカは酷かった。 しかもこの週末はさらにエスカレートしている。 発端はミネソタ州で起こった白人と東洋系の警官4人が黒人男性を殺した事件。 I can't breathe… Please… P…

ミッション街

サンフランシスコ市内のミッション街。 写真・カメラ好きの友人と二人で取り歩いたのは5年前だった。 ミッション通りを隔てて経済的格差が見える。 こちらは緩い坂を西から降りてミッション通りを東側へ超えた辺り。 メキシコ・ヒスパニック系や黒人、アジア…

マスク

こういうマスクもあるよね。 衛生管理用ではないけれど。 今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2015年3月 サンフランシスコ、ミッション地区 Sony RX100M3

10万人超え

アメリカでのコロナによる死亡者数がついに10万人を超えた。 さすがにこれだけは「アメリカ、ナンバーワン!」と自慢するやつはいない。 世界各国に比べて感染者数も死者数も格段と多い。 この国の医療技術レベルや予算で、何故こうなるのか。 しかも日本と…

火事の季節

3連休週末の土曜日、サンフランシスコのピア45が焼け落ちてしまった。 それほど詳しく報道記事も読んでないので原因は知らない。 その波止場には太平洋戦争時の戦艦が半永久的に停泊して観光スポットになっていた。 その戦艦はどうやら焼失を免れたようだ。 …

© All rights reserved.