小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

コロナ禍のデンバー、ライブ会場

f:id:soundtraveller:20210801051314j:plain

 

前回は興奮気味の旅とライブレポートだった。

今回はコロナ禍でのライブ会場やデンバーの様子に触れてみよう。

 

先ず、ホテルや飲食店、商店のスタッフはマスクを着用している。

しかし、顧客や街を歩く人たちは全くマスクをしていない。

 

宿泊したホテル内では自室以外でマスク着用が義務付けられていた。

エレベーターは家族・友人同士ならば人数制限は無い。

ただし、知らない人と同乗する場合は4人までとされる。

エレベーターの中にも消毒液ディスペンサーが設置されていた。

 

ワクチン接種証明はどこでも提示要求はされなかった。

 

1万人の観衆が密になって集うライブ会場でも同じ。

しかしグッズや飲み物のスタンドの販売スタッフはマスク無し。

プレクシグラスの敷居も無し。

違っている点と言えば、会場内でキャッシュは受け付けていなかった事と。

至る所に消毒液スタンドが設置されていた事。

 

消毒液スタンドは観衆の大半が大いに活用していた。

トイレでは手洗いに費やす時間が以前より長くて。

入り口周辺の列がなかなか前に進まない。

一応、一般的には消毒と手洗いは意識的にやっているという印象だった。

日本の皆さんもご存知の通り、これは米国人の行動パターン変異だ。

 

バンドとは20年以上の付き合い。

通常、このバンドからは毎年1年間有効のALL ACCESSのパスを貰っている。

 

しかし今回は楽屋へのアクセスは無かった。

バンドとその直の家族、プロダクションスタッフ以外は締め出された形。

この状況では当然の処置だと思う。

 

しかし観客席に居る限りでは普段と全く変わりない。

ハグをする前に「ハグしてもいい?」と尋ね合う光景が見られた。

飲み物や食べ物をシェアするのもみんな止めていたようだし。

 

このバンドを観に来るファンには「ワクチン拒否派」は来ないだろうとも考える。

 

普段は天然クーラーが効いているような町に住んでいるけれど。

デンバーとその周辺は熱波の真っ只中だった。

2年間の籠り生活。

2年分の老い。

35度前後の湿度を伴う高温と日差し。

そしてデンバーは標高が高く、空気が薄いときている。

さらに西海岸各地で多発している火事から来る煙で大気質は最悪だった。

この一見清々しい青空でも大気質指数(Air Quality Index - AQI)は90を超えていた。

 

f:id:soundtraveller:20210801051740j:plain

 

こんな状態でも一度演奏が始まると自然に身体が動いてしまう。

レッドロックスの初日、前座も含めて4時間ほぼ立ちっぱなし、踊りっぱなし。

2日目の朝は身体中がガチガチで疲労も感じていた。

それでも2夜目も再度4時間立ちっぱなし、踊りっぱなし。

 

レッドロックスでの2夜を終えて日曜日は別の野外会場だった。

その3日目のコンサートは午後3時開始。

あまりの暑さと直射日光でヤバいなと感じた。

 

f:id:soundtraveller:20210801053423j:plain

 

会場に着いてから1時間後、自然が恵みの雲を贈ってくれた。

パラパラと夕立のお裾分けがちょっと降って。

頭上を雲が覆ってくれたお陰でなんとかサバイブ出来た。

 

f:id:soundtraveller:20210801053438j:plain

 

それでも62歳の老体にはキツいよな〜

 

この会場もレッドロックスとほぼ同じコロナ対策を行なっていた。

そもそも、この「3夜目のショー」はデンバー市内の屋内会場で予定されていた。

それを野外会場に変えたのもコロナ対策の一環。

デンバー市内では屋内のライブ会場は現在全て閉鎖されている。

 

f:id:soundtraveller:20210801051439j:plain

 

しかし、やはり「ワクチンへの過信」があるのだろうか?

風がある野外会場でも、観客側は見ていて心配になるほど「ふつー」なのだ。

 

f:id:soundtraveller:20210801051558j:plain

 

カリフォルニアに戻ってニュースを見れば感染者数が爆発していた。

米国全土でデルタ変異種が猛威を振るい始めている。

 

日本では東京オリンピックが開催されていた。

 

 

2021年7月 コロラド州デンバー、レヴィット・パヴィリオン

iPhone 12 Pro

 

デンバー遠征

f:id:soundtraveller:20210731084107j:plain

 

先週木曜日早朝、予約しておいた車でサンノゼ空港へ向かった。

ほぼ2年間の籠り生活を経て初めて州外へ旅立った。

 

猫の額のように小さな町の外は全て「密」に見え、感じられた。

 

離陸して2時間後、デンバー空港に着陸。

空港内は夏休みで移動する人で混雑していた。

 

ダウンタウンのホテルにチェックインして。

近くのレストランで遅い昼食を食べ。

可愛いスーパーで夕食のサラダ、水と飲み物などを買って。

夕方からはホテルの部屋に籠った。

 

どうも出かける気になれない…

 

結局翌日の午後まで朝食とランチ以外は部屋に居た。

 

そして夕方、重い腰を上げてウーバーでライブ会場へ向かう。

 

f:id:soundtraveller:20210731084856j:plain

 

f:id:soundtraveller:20210731084934j:plain

 

レッドロックスはデンバーから16キロ西にある野外イベント会場である。

1920年代、世界恐慌下に雇用を促進するために企画された開発・建築プロジェクトだ。

 

「それほど給料は払えないが、少なくとも仕事が出来て家族を養える」。

そう謳ったこのプロジェクトはこの地域の人たちの当時の生活を支えた。

 

巨大な岩石が山の斜面に横たわっている。

それを穿って野外劇場を作ったのだ。

 

外観は圧巻だ。

広がる空、巨大な岩石とその壁、眼下に広がるデンバーの町。

それぞれの場所にエネルギーがあるとすれば。

この場所で感じるエネルギーはどっしりとした開放感とでも言うべきか。

 

f:id:soundtraveller:20210731085946j:plain

 

こんな場所で愛してやまないバンドの演奏を体験すると自然にトランス状態になってしまう。

 

2年間活動休止をしていたバンドが今回蘇った。

2年間待ち続けたファンが熱狂する。

 

プロのアーティストたちはその2年間を決して無駄にせず、怠惰に過ごすことはなかった。

2年間の成長、進化、イノベーションが明らかに音になっている。

本人たちも歓喜の心持ちで演奏していただろう。

その喜びは彼らの表情、動き、演奏に現れて余りある。

 

f:id:soundtraveller:20210731090527j:plain

 

前回のライブから2歳老いた自分は涙腺も締まりが無かった。

バンドがステージに上がると号泣。

演奏が始まるとさらに号泣。

 

だらしねぇな〜、ジイさんは。

 

こんな調子で2夜連続で乱舞した。

 

2021年7月 コロラド州、モリソン、レッドロックス野外劇場

iPhone 12 Pro

 

一家の宣言

f:id:soundtraveller:20210718070134j:plain

 

散歩していると、この町の家族の多くが家の前に看板を出しているのを見かける。

「この家の住民は…」というテーマのもの。

 

一家が政治的なスタンスを宣言している。

 

世界的に広く知られているのはトランプ支持者の主張なのだろうか。

この地域にもトランプ支持者は多い、あるいは多かった。

今やそれも徐々に下降線を辿っている気はする。

 

一方で、特定の政治家とは関係無く、一般的なスタンスを表現している家族が多い。

 

これなどはその典型だ。

 

f:id:soundtraveller:20210718070132j:plain

 

「この家ではこれらの事を信じています:

 

ブラック・ライヴス・マター【和訳、困難過ぎる…】

愛は愛

科学はリアル

フェミニズムは全ての人たちのためにある

いかなる人も非合法ではない

親切・優しさが全て」

 

いまだに差別による暴力やいざこざは絶えない多種多様な米国。

アジア人である自分はこのような看板を見るとホッとするんだよね。

 

 

2021年7月 カリフォルニア州サンタクルーズ

iPhone 12 Pro

 

© All rights reserved.