小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

Fujifilm

記録史上最高気温

8月15日、金曜日。 北カリフォルニアに熱波が到来した。 その日、この町での最高気温は華氏105度、摂氏40.5度。 ギャー、40度超えかよ。 今までの記録は1906年に観測された華氏97度、摂氏36.1度だった。 それを軽く一蹴してしまった。 朝から水分を補給して…

光と影 20200805

今日もソーシャル・ディスタンシング|社会的距離を置いて。 生きよう。 2019年11月 京都、長岡天神 Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR

京都郊外の竹藪

京都南部、郊外の竹藪に立ち入った時に見つけた蔦の紅葉。 昨年秋のこと。 両親が入っている高齢者施設でランチを頂いて。 最寄りの駅へ向かう道から外れて侵入したのだった。 蔦はなぜか枯れた竹にしか絡んでいなかった。 薄暗い藪の中でその鮮烈な紅色が一…

独立記念日週末

今週末は米国の独立記念日で3連休だった。 とは言え外出は買い出しと散歩のいつもと変わらぬ日々。 それでも米国各地では海・湖のビーチや観光地は混雑していた。 マスクも着けず、人混みはプールの中もショッピングモールも普段通り。 どこを見回しても乱痴…

不吉な回想

コロナのワクチンに期待と注目が集中している。 早くて今年末、あるいは2021年の前半には出てくるのでは、出てきて欲しい、と。 だけど、ちょっと待てよ… 先日、不吉な考えが脳内に現れた。 HIV/エイズ、SARS、MARS、エボラ熱… これらの感染病のワクチンは長…

自由

コロナ対策:マスク着用、手を頻繁に洗う、三密は避ける。 アメリカではこれらを自分たちが持つ「自由の権利」を妨げるものと見なす人が多い。 手を頻繁に洗う…これはまぁ別なのだろうけど。 カリフォルニア州南部で「マスク着けない集会」があったそうだ。 …

Fujifilm X100健在

街角スナップに行けない、行く気にならない。 機動性を考えないような生活だからごっついレンズで遊ぶ事が多くなった。 自然とコンデジは使用頻度が激減している。 現在コンデジはFujifilm X100(初号機)とX100Fを持っている。 X100Vが出たのでX100なんて全…

#猫のいる暮らし

「#猫のいる暮らし」。 日本語のインスタでは定番のハッシュタグなんだな。 二匹のネコとの暮らしは癒される。 コロナ禍にあって一層この子たちとの関係が深まった。 この子たちはどう思ってるのかな。 いつもありがとね。 今日もソーシャル・ディスタンシン…

光明射す

米国各地で連日起こっている白人警官による黒人男性殺害への抗議デモ。 それがエスカレートし、暴動や略奪も伴う大混乱となっている。 そんな中、ここサンタクルーズでは警察署長が抗議集会に参加して話題となっている。 インスタではこの運動のシンボルとな…

先週は酷かった

今アメリカ各地で起こっている事を思うとこんな憂鬱な雲と海の色が合う。 先週のアメリカは酷かった。 しかもこの週末はさらにエスカレートしている。 発端はミネソタ州で起こった白人と東洋系の警官4人が黒人男性を殺した事件。 I can't breathe… Please… P…

アナログな週末

先週末はスマホを手にする事を極力避けた。 TVもパソコンも同様。 感染者数の動向もホワイトハウスの珍劇もどうでもいい。 目を休ませよう。 頭や手や足を使おう。 ノロノロと読み続けていた小説をやっと読了して。 次の本も読み始めた。 久しぶりに自転車を…

緊急事態下に見る夢

自宅に籠り始めて8週目が始まった。 もう2ヶ月経つんだなぁ。 米国での話だけど、近頃「夢」についての記事を多く見かけるようになった。 この緊急事態にあって多くの人たちが見る夢の様子が変わってきたと言っている。 いつもよりは濃い内容の夢が多いらし…

無料サービス活用中

多くの企業が無料サービスをしてくれている。 しかも家に籠る状況に特化したサービスが多い。 日課の一つになったヨガはNikeのアプリで現在無料サービス中。 限られたセッション数だけど自分には十分チャレンジングで質も良いと思う。 ロックが好きな方ならn…

運動と気分転換

日課の散歩も金曜日から続いた週末の雨で行かず。 そうこうしているうちに散歩に出る気になれなくなった。 でも運動と気分転換は必要だ。 散歩の代わりに一日二回のヨガを始めた。 NIKEのアプリ「NIKE トレーニング」では無料でヨガセッションを公開中。 老…

今後アップする写真

昨日月曜日のカリフォルニア州知事のお達し。 「今週は食料の買い出しも車にガソリンを入れるのも避けるべき一週間。」 はい、望むところです。 しかし… どこにも行けないとなると… 散歩する間に撮れるような写真しか新しいネタが無い。 今後数ヶ月は過去写…

スローダウンする機会

カリフォルニア州での拡大が始まった気がする。 特にロスアンゼルスとその周囲、加州北部のサンフランシスコ・ベイエリア。 今日の午後、外出禁止令のさらに厳しいバージョンが発令された。 とにかく外出しなければ感染する事はない(だろう)。 これは生活…

州立・市立公園の駐車場閉鎖へ

この町は湘南の鎌倉に似ている。 後はレッドウッドの森がある山。 前はモントレー湾に面した海岸。 山には市立公園や広域を占める州立公園がある。 海岸沿いにもビーチ、遊歩道、市立・州立公園がある。 それらの公園の駐車場が閉鎖された。 米国のような車…

外出するという憂鬱

レッドウッドの森なら良い。 自粛中だけど行きたい。 海岸沿いの遊歩路や砂浜なら良い。 風や砂を肌で感じたい。 スーパーは良くない。 食料は必要だけど行きたくない。 …なんて、だだっ子が拗ねているように聞こえる。 事実、だだっ子が拗ねている。 N99の…

外出するという失敗

先週末に行ったレッドウッドの森のハイキング。 日本人エンジニア同士の友人で大のカメラ・写真好きに行った事を伝えた。 「久しぶりにカメラ持って出かけて写真撮れて楽しかった!」と。 めっちゃ怒られた。 「何やってるんですかっ! そんな事他の人に言っ…

外出するという冒険

屋内避難勧告が出て2週目、自宅勤務になって3週目を迎えた。 日課のパワーウォークが功を奏して気分は良い。 仕事も捗っている。 でも外へ出たい、写真撮りたい、森を歩きたい… 自宅から車で州立公園へ。 ハイキング中に人と会えば2メートル以上の距離を置く…

レッドウッドの森3

先週末はまた森へ。 車で30分もあれば行ける距離にこの森があるのが本当に幸い。 巨木の幹には苔やシダ、小さなキノコが育っている。 共存。自然界ではもちろん弱肉強食もある反面、身近な所で共に生きる事も出来る。 人類の社会では…いろいろ難しいみたい。…

レッドウッドの森2

金曜日の夜が雨で土曜日の朝は晴れていたけど森へ行けたのは日曜日の朝。 レッドウッドの木々はみんな元気だった。 2020年1月 ヘンリー・カウエル・レッドウッズ州立公園 Fujifilm X-T3、XF 18-55mm f/2.8-4 R LM OIS

Chill・チル

日本で滞在中にホテルのTVで「チルって何?」を話題にしたバラエティーがあった。 アメリカでは90年代にすでに普通の会話に出てきていた言葉だ。 今頃日本で話題になるってなんでだろう? 「Cool・クール」と同じようにスラングかそれに近い言葉だと思う。 …

2020年元日

皆さま、良い新年をお迎えされたでしょうか。 今年も皆さまの熱くてハイセンスな写真と記事から学ばせて頂きますので、宜しくお願い致します。 皆さまの2020年が素晴らしい年となりますように! 今年最初のエントリーは仕事と休暇を兼ねたほぼ1ヶ月の日程で…

Fujifilm沼

2019年8月 カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにて Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR この夏はほぼX-T3とX100F、Leica MPデジタル、Leica M6フィルムだけで撮っていたと思う。Fujifilmのカメラはとにかくフィルムシミュレーションとカスタマイズ…

Fijifilm X-T3

2019年8月 カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにて Fujifilm X-T3、XF 16-55mm F2.8 R LM WR FujifilmとLeicaはよく似ていると自分には思える。 レンズにF値リングがあること。 その時の露出設定を確認しやすいこと。 写真全体の雰囲気、パッと見の印象…

アメリカの桜

今日発掘したX10で家の近くにある八重桜を撮っていた時、ふと思ったのは桜を撮る構図の背景について。 SNSなどで日本発信の桜の写真を観ていて感心するのは周囲の背景が見事に桜とマッチしていてそのバリエーションも豊かなこと。 桜を植える場所の選択だっ…

出て来た

ようやく暖かくなってきて天気が良い日も増えてきた!…と思ったら海岸沿いは霧が多かった週末。 ちょうど一年前にここへ越して来て以来手をつけていなかった荷物の整理。断捨離も。 えらいもんが出て来た…Fujifilm X10。カメラへの関心が高まって主に小型高…

被写体に助けてもらった

Fujifilm X100F | F2 | 1/60sec. | ISO 200 圧倒的な高さを誇るカリフォルニア・レッドウッドの森。 その鬱蒼とした森の中で地面すれすれにひっそりと咲く忘れな草・Forget Me Not。 暗い中でISO 200でも開放で撮れるか試してみました。 山道のアップダウン…

撮りたいもの

難しい話題ですね。 写真とカメラとのお付き合いをして来た間、撮りたいものを考えるようになったのはごく最近の話です。私の場合、それについてあまり深く考えない方がいいでしょう。 自分の目が自然に行くところ、自然に目にとまるのもの。そんな感じで良…

© All rights reserved.