小さな写真部屋

写真・カメラとのお付き合い

5月末の日本帰省

5月末から6月初めまで日本へ帰省した。

湿度の高さにやられて2週間ちょっとの滞在で完全にバテてしまった。その間、青空が広がりカラッとした晴天に恵まれたのは1日だけ。やはり日本の気候はすごいな。

一方カメラ・写真の趣味の面ではとても充実していた。ありがたい。

まずLumix GX7Mk3とパナライカDG Summilux 15mm f/1.7 ASPH.のレンズキットとパナライカDG Vario-Elmarit 12-60mm f/2.8-4 ASPH.を購入。早速使い始めたLumixだがこのブランドは初めて(マイクロフォーサーズも初めて)で使用初日は慣れないボタンやメニューを行き来しながら東京都内を歩き回った。

f:id:soundtraveller:20190701080723j:plain

f:id:soundtraveller:20190701080940j:plain

第一印象は本体、レンズ共に使い勝手が良く、レンズはとてもよく写る。マイクロフォーサーズだけあってバッキバキ感もあると思った。

普段は主に単焦点レンズを使うので12-60mmの標準ズームは物珍しい感じでその日の午後あたりからはそれを付けっ放しにしていた。

f:id:soundtraveller:20190701092906j:plain

f:id:soundtraveller:20190701093125j:plain

大きなスーツケースを転がして日本国内を動き回る身には小型・軽量が嬉しい。この携帯性がマイクロフォーサーズの人気(?)の一因なのだろうか。そうであれば頷ける。

下取りに出したカメラは割と高価なものだったので、上記のセット購入後まだソコソコの残高があったのでキャッシュで頂いた。これは後日神戸で新たなカメラの購入にあてる事が出来たので、いい交換だったと思う。

f:id:soundtraveller:20190701093631j:plain

次回はLumix GX7Mk3を片手に都内を撮り歩いた際のスナップを。

 

ミュラルを歩く

Mural(ミュラル)。日本語では壁画…だろうか。
グラフィティーはどちらかと言えば「落書き」的な印象があるけど
技術度も完成度も創造性も素晴らしいものがある。

ミュラルは多分壁がある建物のオーナーがアーティストに依頼したもの。
当然完成度は高いし、その場所のテーマが見て分かる。

 

f:id:soundtraveller:20190515133222j:plain

f:id:soundtraveller:20190515133242j:plain

f:id:soundtraveller:20190515133258j:plain

ミュラルの前を歩く人や佇む人をフィルムカメラで撮ってみた。
なんかその人たちが壁画に溶け込んでしまって判別つかない印象もあるかな。

Kodak PORTRA 400

 

 

新庄 2015 その2

新庄の現地の人たちに尋ねたら
市内にイオンが開店して以来街は急変、
商店街は軒並み休業に追い込まれたそうだ。

 

f:id:soundtraveller:20190510140024j:plain

f:id:soundtraveller:20190510135932j:plain

 

駅周辺の呑み屋はそれなりに需要はあるらしい。

 

f:id:soundtraveller:20190510140115j:plain

f:id:soundtraveller:20190510140207j:plain

f:id:soundtraveller:20190510140301j:plain

f:id:soundtraveller:20190510140340j:plain

 

新庄のこの一帯を歩いている時はあれこれ構図を考えず
ただ被写体に面してそのまま撮っていた。
その方がこの空気をより捉えることが出来るように思えたから。

3月末の山形。
日本各地では桜が咲いて春めいてきた頃。
ここではまだ凍った積雪の壁があちこちにあって
桜はGWあたりが見頃となるそうだ。

 

© All rights reserved.